総合トップへ戻る > 住宅ローンの基本知識

住宅ローンの基本知識

借入先と金利のタイプについてお答えします。

住宅ローンの借入先としては、大きく分けて「民間ローン」 「フラット35」 「その他」とに分けられます。

  • 「民間ローン」
    都市銀行・地方銀行・ノンバンクなどの多くの金融機関で扱われているものです。金融機関ごとに融資の条件や金利が異なり、担保物件の価値に応じて融資を行います。借り手の収入などの返済能力も重視されます。
  • 「フラット35」
    民間の金融機関・住宅金融支援機構が提携したローンです。最長35年の完全金利固定型で、安定収入があれば自営業や勤続期間の短い人でも借りやすいローンです。ただし、対象住宅の床面積などの制限があります。

金利タイプは「完全固定型」 「変動型」 「固定機関選択型」の3種類があります。

  • 「完全固定型」
    借入当初から返済完了まで金利が変わらないタイプで、「フラット35」の他、一部の金融機関で取り扱っています。途中で金利の上がる二段階固定金利型もあります。
  • 「変動型」
    定期的に金利を見直すタイプで、ほとんどの金融機関が年2回の金利見直しと5年に一度の返済額見直しとしている。
  • 「固定期間選択型」
    3年・5年・10年など期間を定めて金利を固定するタイプ。固定期間完了後はその時点の金利で変動金利や、異なる期間の固定金利を選ぶことができます。

採用情報

売却物件大募集

  • おすすめ物件紹介
  • オープンハウス情報
  • 折込チラシ

リフォームのご相談

お役立ち情報

  • 住宅ローンの基礎知識
  • 住宅性能表示
  • 住宅購入時の税金
  • 物件検索スマホでも

Copyright (c) センチュリー21 ケーズエターナル All rights reserved.